まだまだといえども身体は春ね。
健康いろいろ
2005.03.09

 春はまだですかね。
どうして今年の札幌はこんなに雪があって、寒いのでしょうか。
ずうっとずうっとずうっと身体縮んでるよね。
もう、暦の上ではとっくに春だというのにね。
でも、ちゃあんとそこまで、春はきてるのよね。
この間来たお客さんも口が苦かったり、今日の方も
頭は痛いものの、肩は凝るのもの。
やはり肝胆の縮みによる、酵素活性の低下も気の停滞も瘀血もあるよね。
背中の苦しさから肩までいって、頭まで痛くなるなんて、苦しいね。
私も昔そうでしたわ。
ときどき今もありますが・・・><
これは春になると身体の解毒作用が働いて、出そう出そうとしているのに出れない状況にあるのでしょうね。
特に春は肝の季節と漢方では考えるのでね。
どんどん、苦いもの食べなくっちゃね。
外の景色はまだまだ冬ごもりだと言うのにね。
ちゃんと身体は春を感じて、症状出てくれるのだから、すごいよね。自然って。
季節的には意欲も沸いてくるんだけど、それはやっぱり陽の気が足りないんでしょうね。というか、
外見れば寒いしね。
ブルブル。
まだまだ身体は解毒したいが、気持ちがついていかず、コタツに入って、鍋でもって気持ちが強いね。
おいおい。
やらなきゃいけない事いっぱいあるんだけどおお。
理由付けを毎日している今日この頃でした。
はあやあく、はあるに、なああれ。*^^*

この記事をシェアする