超 きもちー
雑記
2005.02.16

 「超 きもちー」ねえ。
だってだって、何が気持ち良いかって懸案事項が解決していくとこう胸のつっかえが「スーッ」と取れるんだもん。でもって、体がこれまた動くんだなあ。不思議なことに。
実は先だってより、私の属しているある会の人事の事でいっろいっろありまして。
もうドロドロのぐちゃぐちゃに人間関係がおかしくなっちゃっててね。
誰もそれを解決できなくてね。
で、今回もっと上の東京本部の方にその事で相談しましたところしっかりと私の話を聞いてくれて、そう「良い方向に考えて行きましょう」とアドバイスしていただきました。
やっと一筋の光が見えてきましたの。
にょほほほ。とすると、何だか体まで軽くなってきて、たまっていた書類の整理整頓をしましたら、これまた
「超 きもちー」ざんす。
で、どんどん他のことも懸案事項を難なくサクサク
出来まして。おっほっほのほう。^^
いやあ。びっくりですわ。
こんなに心に憂いがあるとないとではなんて体の変化があるのでしょうかね。
今回の事を考えるに、よく「気づきがなければ行動の変容は起きません。」と言われてきましたが、「自分の言葉も理解してもらわなければ、行動の変容は起こせれません。」つまり、これが今の現代社会の「ストレス」って事ですわ。
なかなか友人同士、恋人同士、夫婦、親子関係、職場などの人間関係で、相手の言葉をしっかり受け止めて生活してはいないんですよね。もちろんこちらの言葉も受け止めてもらえない。
つまり、言葉のキャッチボールも出来ず生きているとそこで、受け取ってもらえないボールがいつの間にか体の一部で詰まっちゃう。
漢方で言う瘀血や気滞ですわ。そうすると、背中は張るわ、肩はこるわ、便秘はするわ、アルコールは増えるわ、薬は増えるわ、それで財布は軽くなるわ。・・・・踏んだり蹴ったりですよね。
そこで、カウンセリングってなものが、あるわけだ。詰まっている人のこの詰まりを全部吸い取ってあげないといけないわけで、・・・。
じゃあカウンセリングの先生がたまっちゃうと思うので、またその詰まりをとってくれるカウンセリングの先生がいて。
世の中これで、うまく行ってるんでしょうかね。
でも、ずううっとずううっとこれをたどっていくと、どこにその詰まりは行くのでしょうかね。
はて? さて。んんん。私の今借りているMSも水道管の詰まりで、来週より大規模回収が始まるっていってたなあ。¨;
  
  まっ。なんにせよ何処でも詰まりは良くないわけよね。皆さんも気をつけましょうね。V(^0^)V

この記事をシェアする