前に進めない・・・。
こころ・たましい
2013.08.19

  今日もあっつい!!! ちっ(怒った顔)
  って、北海道にいる私が言っていいものかとも思いますが、
  北海道人にとって、夏の30度はついらっす ふらふら
  先日ある横浜から来た営業マンさんが来た時も、30度近かったかなあ。
  「まああ、今日は暑いけど、おたくはこんな温度ぐらいでは暑いっていえないんでしょう?」
  と言って話をしましたら、「いえいえ先生、1年も北海道にいれば、体はすっかり北海道仕様ですから」
  「先日横浜に帰ったら、家から一歩も外には出ませんでした。」って言ってました。
  
  「いやああ、北海道仕様ね。車みたい^^(北海道の車は雪があるので北海道仕様といい、寒さに強く
   なっているんですよ)」って笑ってました。
  まずまず、この頃の日本列島?いえ世界の気候がおかしい感じですね。
  このままだと、我々北海道人も家から一歩も出たくない、前に進めないってこと
  出てくるかもねえ。
  そう、その前に進めないといえば、私も最近前に進んでいなかったのねえ。
  大きくとらえると、2年前から始まっていたこともあるんだけど、最近も
  悩みに、悩み続けていたのね。
  何を悩んでたって、んんん、この下腹のでっぱりが・・・お肌のたるみが・・・・。
  ・・・・ではなく、・・・いやそれも本音だけど、そうじゃなくてえ、
  
  ある機械というか道具をお店で導入しようかどうか迷っていてねえ。
  その道具は、一番は癌患者さんのために一番必要って思えるもので・・・。
  一番最初に話を聞いたときは一も二もなく即導入!!って思ったんだけどね。
  それが、今のご時世いいんだか悪いんだかわかんないけど、このネットさんが
  あるおかげで、その道具に対して賛否両論あるわけよ。
  自分は商品を選ぶときは、必ず自分で使ってみてよかったものだけを患者さんに
  提供するのがもっとうで、実はメーカーさんの事も半分にして聞いているのね。
  全部をうのみにすると、まあ痛い目もたくさんあってきたわけで・・・。
  だから自分がメーカーさんと患者さんの中のフィルターって思っていて。
  そんなんで、今回も自分の目で確かめて、自分の体験を通してどうなんだって
  判断しようと思ったんだけど、なにせ、本州は暑いのと、お盆以外に休みも取れず
  迷っていたわけよね。
  じゃあ、もう導入されているところに聞くのがいいと思い、ある病院の先生にも
  聞いてみた。
  「先生のところでは、その道具を使って良い結果が出ているということを聞きましたが、
   どのような症例がでたのでしょうか」
  「んんん、僕のところは4名の肺癌の方が消えたんだよねえ。」
  「ステージ(癌の進行具合)はどのくらいの方だったんですか」
  「あああ、3名はⅡで後の一人は末期のかたかなあ」
  って、軽くいうのね。このまた先生。
  ほんとかい 目 って感じで、その先生には申し訳なかったけど、心の中でそう思っちゃいました。 あせあせ(飛び散る汗)
   って、こんなことをこのお盆休みに、お墓参り以外はずううううっと悩んでいました。
   まあ、この間久々にお葬式であった、いとこの子供・・・わたしとの関係はなんとよんだら
   いいのかわかりませんが、その30才に近かったかな?
   彼女の悩みを聞いた時も、同じように、前に進めないって言っていたのよねえ。
   その彼女に、私は「ネットは一つの情報源で、それを我々が取捨選択していかないと、すべてをう    みにしちゃうと、どうにもこうにも前に進まなくなるよ」
   なああどと、えっらそうに話してきたばっかりな私が、ネットでの検索をしすぎて前に進まなくなっ   ていたわけで・・・。
   いやあああん。
   これってプロ?
   ・・・・いいんです!!プロと言っても人間です。
               これこれ開き直るなああ パンチ
   で、最後は「神様、仏様。どうか私に決断のできるような出来事を見せてください」
   ってお願いしました。
   そしたらね、そしたらね、来たのね。出来事が・・・。
   その日は朝からメーカーさんからのメールがあって、もちろんこちらに購入目的を
   植え付けるは当然なんだわね。
   それを承知で、メールではわからんと思って、電話して、本音を話したのね。
   どこで自分は迷っているのか、本当に進んでも大丈夫かとね。
   そしたら、私の迷っていることに納得のいく答えを出してくれて、
   まあそれが本当かどうかはやってみなくちゃわからないことだけどもだ。
   さらに、気になっている患者さんにも本音をぶつけてみた。
   「あなたを見ていると治そうという熱が伝わってこない感じなんですけども・・・」
   でもその患者さんは自分の病気を「先生、なんかわかんないんだけど、治そうって必死になっていた
   感じはとれて、今は何となく治る感じがこころのそこにあるんだよね。」
   「えええええ、それって病気を治すことの執着が取れたんだからすっごくいいことだよねえ。」
   で、ほかの患者さんにも話したら「科学では証明できていなくても、実際に効果があった
   ものなら、きっと藁をもつかみたい患者さんにとってはとてもありがたいことですよね。」
   って、その患者さんの目がとってもキラキラしていたのね。
   数年間その方をみさせてもらって、初めてなのね。
   目がキラキラしているのを見たの。
   すかさず、その人に「導入したら、ご紹介しますね。」の一言を言わせてもらって、
   ストンって、私の府に落ちたんだわさ。
   この悩みの結論がね。
   もちろん、購入決定よ。
   いつ買うの?今でしょ。^^
   思ったのね。今回いろいろ迷って前に一歩進めなかったけど、
   実は、抜き足、すり足で前には進んでいたんじゃないかって。
   (おぬしは泥棒かっ・・・笑)
   そして、ダメ押しが、その日の緒方 貞子さんのTV
   
   国連難民高等弁務官のトップを10年されたのを見て、彼女の言葉がしっかりと胸に刻まれました。
   「目の前に苦しんでいる人がいれば、すこしでも楽にさせてあげるのが、我々の仕事です。」
   まさしくその通り。
   効く効かないは二の次。
   まずは少しでも楽になればいいじゃんって。
   ・・・ただそれにしてはちと値段が・・・んんん、私も小さいのう・・・。 わーい(嬉しい顔)
   でもまあ、この答えで、前に進めれそうです。
   今現在、皆さんの中でもいろいろ悩み、苦しみをかかえて前に進めないと思っている方は、
   ぜひ聞いてみてください。
   神様、仏様に。
   きっと答えをくれると思いますよ。
   どなたかを通しての言葉か、何かの経験をさせてくれるのか、
   ポイントはそのメッセージを見逃さないよう、しっかりと感覚を研ぎ澄ませておくのが
   大切です。
   では、では、暑い中優香ちゃんのブログを読んでいただき有難うございますね。
   熱中症にご注意を・・・。
              
               PS:ようやく一歩進んで、ブログも更新できるように
                  なりました。
                  これからもよろしくお願いします。 ^^
   
   
  
   
  

この記事をシェアする