共依存の向こうに・・・。
こころ・たましい
2011.01.15

 降りますねええ。雪。
12月はあまり積もらなかった雪が、1月になってからどんどんどんと・・・。
お陰様で店の前はロードヒーテイングをしておりますが、除雪車の置いていってくれた雪をはいせつしなくてはならず、毎日重い雪を除雪しております。
力が要るんです。力が。
そう、力が要るといえば、ようやく自分の体が本調子になってきたら、やはり気になっていた先月の知人との共依存のことです。
具合の悪い時はどうしても相手の責任を強く言いますが、ここで終わっては自分の成長はないと思い、詳しく分析をしました。
どうしても共依存となると、相手も振ってくるし、
こちらも振られる。
また、こちらも振るし、相手も振られる。
そうなんです。
共に・・・がキーワード!
喧嘩両成敗ではありませんが、共に理由があるわけです。
とすると、相手、相手という前に、では自分はどのような状況だったのか・・・
どのような感情で彼女との付き合いをしていたのか。
自分ばかりが我慢をして、相手は何も無かったのか。
それはおかしいですよね。
本当は私だって彼女に対してこころない言葉をかけていたかもしれないし、傷つけていたかもしれない。
自分の感情をうまく表現していなかったのかもしれないし、嫌だと思うことをしたかもしれない。
そんな事を考えだすと、きりがなくなって・・・。
これは自分を責めるのではなく、反省ですよね。
いつも出てくる、被害者から加害者のパターンです。
人は誰でも、自分を守ることで精一杯。
では、相手だってそうだったのでは・・・・と考えてあげれるのが本当の相手を思いやる気持ちだとか、魂の成長というのかも知れません。
そうすると、相手に対して、逆に申し訳ない気持ちが
出てくるし、これからの相手を応援しようという気持ちも出てくる。
だから、今度彼女とあうことあれば、今の彼女を
きっと応援しているからと、こころから言えるわけです。
こんな気持ちになると、更に、更に体が喜んで、
ふわーっと温かくなる。
これが本当の、共依存の向こうにあるものかもしれません。
つまり共依存した相手に対し、感謝の気持ちがでてくると本当に楽にもなるし、元気にもなる。
わたしはどうしてもこの業界にいる限り、相手のことを元気にしてあげたいという思いは強く感じてしまうんですね。
これは、うまく行けば喜んでもらえますが、力が入りすぎると眉をひそめられる時もあります。
そうです。
分かろうとせず、治そうとするから、辛くなる。
では、分かろうとしてもそこを閉ざされるとどうしようも出来ず、さらに力を込めてこじ開けようとする。
この微妙なラインは人によってそれぞれで、難しいところです。
タイミングもありますしね。
これも私の学びの一つですが、今回もまた共依存をしたお陰で、一歩魂を磨かせてもらいました。
ただ、自分の苦しかったことを吐かない限りは、
また具合が悪くなるので、そこを見極めなければなりません。
だれしもこのことは分かっているとはいえ、吐きたくても吐く力もなく、吐くすべも分からない方も多いです。
ただ、私以外に、お客様でどんどん最初は吐いて、
その次に来たのは感謝が出来る力がついてきている
方が多くなってきました。
全ての方とはいえませんが、同じベクトルを向いて、
患者さんが自分の目標を達成できそうな、光がみえて来ている方が多くなっているのは確かです。
自分が体験して、更に確信は出来ましたね。
吐いてから、力のつくものを入れ、そして感謝に変わる。
人間の力はすごいです。
今年は、吐く行為は言葉も大切ですが、言葉にも出来ない方がおおいので、別なことで出来ることを検討し、力のつくものも、全て漢方や健康食品とは言わず
これまた別のもので、大きく出ますが宇宙のエネルギー的な?もの(宗教ではありません)を取り入れられるよう、これらを学んでいこうと思っています。
どんどん幅を広げ、沢山の方に共依存の向こうにいけますよう、少しでもお手伝いできれば幸いと願っています。
さあ、さあ、今年も動きだしました。
共依存の彼女に感謝と有難うの祈りをおくりつつ、
自分を更にパワーアップできますよう、努力していきます。
皆様にも全てにおいて幸のあること
祈っています。烈
    PS:その前にすること沢山あるんだよねえ。
      年末掃除・・今だ残っています。
         うええええん 蓮 
               
           

この記事をシェアする